不動産会社の担当が使えなかった…

By | 2014年6月22日

住宅購入の際に担当になった男性が入社2年目で全く役に立ちませんでした。 最初にマンションに連れていってもらった時に、「お買い得ですよ」というので、「どこがですか?」と聞いたら、「安いですよ」と答え、「何と比べてですか?」と尋ねると「…(無言で困っている)」みたいな不毛なやり取りをされました。これは全くもって役に立たなそうだから担当を変えてもらおうかと思っていたら、そういうところを察する気持ちは持っていたようで、次から上司も連れてきました。 上司とマンション購入をすすめていったのですが、街の小さな不動産屋さんだったためか、担当者がしっかりしてないためかわかりませんが、売買の時に必要なものを手書きで書いたメモを渡されました。 契約の時からすでに、お金が足りませんでした。メモには契約金(50万)としかお金に関しては書かれていなかったのですが、実際には印紙代が1万5千円発生しました。現金の持ち合わせがなかったため、銀行に下ろしにいくはめになりました。 また、最終金の支払いの際には銀行側のブース?を押さえておくことを忘れられ、窓口のある場所の席を借りての作業になりました。 上司の方は、購入させるまでしかフォローに入っていなく、その担当者だけだったので不備ばかりで、はっきり言ってイライラしましたし、また買ったり、この物件を売ったりするような事があっても絶対連絡はしたくないと思いました。担当者だけでなく、会社の印象もすごく悪いものになってしまいました。