良い家は根気よく探すに限る

By | 2014年8月20日

我が家は建売の二階建て。この家に決めるまでに検討してみて回った家の数は20軒ほどになるでしょうか。 家探しを始めてから決めるまでの期間は半年ほどでした。 とにかく一生に一度の買い物になると思うので、後悔しないようじっくり探しました。 不動産屋も三社並行して利用し、物件をとにかく見て回りました。 選ぶ基準は、場所・値段・日当たり・戸建てということ。 通勤・通学に問題がなく、予算内で、しかも日当たりのよい戸建てという条件に、不動産屋さんの担当の方に「全部は無理です、どれか条件をあきらめてもらえませんか?」と言われたりもしました。 何軒か見ているうちにこの辺で手を打とうかな、と思った物件もあったのですが、間取りがどうしても気に入らなくて、申し込みの手続きまでしたのにキャンセルしたものもありました。 まだ何の入金もしてなかったのですが、不動産屋さんからキャンセルしない方がいいですよと二時間くらい電話で粘られましたが断りました。 そうこうしているうちに、ふと図面を見ていて気になる物件があり、平日の夕方でしたが不動産屋の担当に電話して現地を見せてもらい、近所の環境の良さ、交通の便利さ、何よりほぼ予算どうりで二階建ての戸建て、夕方なのにLDKが明るかったことが決め手になりその場で購入を決めました。 たくさんの物件を見て回ったおかげで、妥協するところや逆に妥協してはいけないところがよくわかり、住み心地の良い物件に住むことができました。 あせらず、時間をかけて一緒に相談に乗り手伝ってくれる不動産屋さんに出会えたことも幸いでした。