家を売るときに気を付けないといけないこと

By | 2015年1月27日

不動産を売却される方が気にされるのが高く売れるかどうかですね。それは家の形、地域、道路に隣接しているか、さまざまな住環境で売却価格は変わってきます。売却の流れは以下のとおりです。不動産会社を探して、査定をお願いします。インターネットで調べるとたくさんの不動産会社がでてきます。たくさん情報を集めていいと思うところを絞り出しましょう。最低でも3社ぐらい決めておいたほうがいいと思います。のちのち比較する上で大事な材料になってきます。そして決めた何社かに査定してもらってお得だと思ったところに依頼しましょう。そこで、はじめて不動産を売り出す準備が整います。次は購入希望者と話し合いになります。どうして売りたいのか?購入する人で気にならない人はいないと思います。どうして?と理由を聞いてくることが考えられます。そもそもどうして売りたいのか考えたことはありますか?住み心地がよくないので他の場所に住みたいという理由があったとします。それで、正直に言ってしまうと、購入希望者はどう思うでしょうか?気持ちよく住めないなら、もっと他のところを探そう、やめよう!と思って、前向きな気持ちが後ろ向きになってしまうでしょう。そうなるとまず売れません。購入希望者に売るときには気を付けないといけないことがあります。どうして売りたいのかという理由を正直に話し過ぎてはいけません。理由によって値段は上がったり下がったりするからです。不利になりたくない場合は、「仕事の都合で」などとでも答えておくようにしましょう。絶対にマイナスなことはいわないように気を付けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です