Monthly Archives: 12月 2014

内見時にマンションを気に入ってもらい、即売却を決める方法は…

マンションの売却は、中古物件を探している方の条件に合うことが第一です。それは、価格、立地、イメージなど、条件はさまざまになりますが、内見を申し出てくれた方に対しては、内見時に気に入っていただくことが、とても購入決定に際して、とても重要となります。現在まだ居住しているマンションの一室を売却する時に、販売の告知を出して、内見希望者が現れた時に、効果的なポイントを紹介します。内見を申し出てくれた方は、価格や立地に関しては、ほぼOKというお客様なので、あとは気に入るかどうか、と言っても過言ではありません。その際に、内見時の印象を良くすることに尽きるのです。そこで、いくつか決め手と成りうるポイントをご伝授いたします!まず、売主は在宅しないをことおすすめします。仲介不動産屋の営業担当者に、部屋の内見案内をお任せするのは、好印象につながる可能性が大きいです。そのためには、信頼おける営業担当者に依頼することが大切なので、事前によく打ち合わせをしておき、部屋の説明などはすべてお任せできるようにします。これは、内見者にとって、ゆっくり確認したい部屋の構造や、収納や、いろいろとポイントがありますので、現在の住人がいると、それがゆっくり確認できないことがあるのです。それに、同伴者とあれこれと感想を言いながら内見したいのは、誰もが本音ですね。ですから、住人がそばで待機していると、好きなことが言えず、ゆっくり見られず、なんとなく中途半端に終わる可能性があります。ゆっくりと楽しみながら内見していただく環境作りの為に、売主は在宅せず、ペットと一緒にしばらく公園でも散歩していることがおすすめの方法です。そして内見時に好印象を獲得できるポイントは、部屋の中を思いっきり綺麗に片づけることです。そして第一印象で大切な香りにも気を使いましょう。それは、生活感をできるだけ感じさせないことが、内見者の気持ちを集中させることにつながるからです。アロマを炊いて、整然と整理整頓し、棚やクローゼットも開ける可能性がありますので、整然と整理しておきましょう。家族写真などはしまうかふせかしましょう。新たな生活をしようと思っている人には、生活感が極力感じさせずに、心地よい空間だなと思わせることが、ポイントなのです。